第1章

プレリュード Prélude

ヤマハ

Yamaha

 F.プーランクが夜会にて、彼のピアノのまわりに集まった友人たちを、まるで「肖像画」のように即興的に曲にし、まとめた作品・・・

それが《ナゼルの夜》です。

 

 あまりむずかしいことを考えずに、「ちょっとピアノの演奏を楽しみに行こう♪」というような、まるでパーティーに行くような気持ちで、私のコンサートにご来場頂けたら・・・という想いも込めて、この曲をリサイタル・シリーズの初回に演奏しようと決めました。

 私個人も、尊敬する先生がCDに収録され、それを拝聴し大好きになった思い入れのある作 品です。

 もともとフランス音楽が大好きな私が熱心に聴いていた、C.ドビュッシーのオーケストラ作品。大学に入学し図書館で楽譜を探していたら、《牧神の午後への前奏曲》のピアノ独奏の楽譜があり、「オーケストラの曲を自分一人でお客様の前で演奏し、喜んで頂けるようになれたら・・・」と思ったことを覚えています。

 そこからラ・フォル・ジュルネでの演奏、フランス留学の実現、留学後もその地で演奏の機会を頂く・・・といったフランスとのつながりが出来ました。

 

 実は今回のプログラムの前半、C.ドビュッシー、W.A.モーツァルト、G.ガーシュインはそれぞれフランスというテーマで、ストーリーのある作曲家です。後半のR.シューマンとF.プーランクの作品も「インスピレーションの根源」の違いがあり、並べてみました。

 

 どんなものがたりが隠れているでしょう・・・?

それは会場にいらしてからのお・た・の・し・み!

 

 

2018.5.13  Sun.

14:00 開場 14:30 開演

東京建物 八重洲ホール

​​<プログラム>

C. ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲

W.A.モーツァルト ピアノ・ソナタ イ短調 K.310

G.ガーシュイン 3つの前奏曲

R.シューマン 蝶々

F.プーランク ナゼルの夜

​チケット 前売り:2500円/当日:3000円